読み物

『群馬県 片品村』自然と民宿に包まれた話

群馬県 片品村』自然と民宿に包まれた話
今回は添乗の中でもお気に入りの行程のお話です。

群馬県 片品村とは?
片品村(かたしなむら)は、群馬県の北北東に位置する村。
東京から約180キロメートルの北に位置する。国道120号線が村のほぼ中央を通っている。1889年(明治22年)の市町村制施行で発足して以来、合併や村名の変更がない。Wikipediaより

片品村観光協会公式HP oze-katashina.info
少し具体的にいうとこちら、
武尊(ほたか)花咲民宿村 hotakahanasaku.com

小学生の宿泊学習の付き添いで民宿にお世話になりました!

自然と民宿や村の人たちがとても暖かくて、
この思いを伝えたい、勝手に紹介したい、そう思いこの記事に至りました。

民宿村ではまず村を知るために村内を班で歩いてオリエンテーションを行い、
その後は伝統を学ぶ体験学習川遊びなどとにかく自然がいっぱいです。
山の中なので天気が変わりやすく、
突然短時間の雨に打たれたり、夏なのにとても寒かったりとこれも自然ならでは。

アクティビティの一環で、
川ではかまどを作って昼食のすいとん作りを行いました。

すいとんとは、
一言でいえば小麦粉を練ったシンプルなお団子を
味噌汁や澄まし汁で煮たようなもので
厳密には各地に異なる名前で郷土料理として存在します。

粉と水で団子の硬さを調整して、
手でこねる、シンプルですが難しく
何より「手がべとべとになって嫌だ~」という声がちらほら。

これも経験です、お店で食べるのとはわけが違います。

かまどづくりは、
見本のかまどを見ながら、川辺の石を拾って積み上げ…
これがなかなか難しいんです。

大きいのもってきてー!平たくいやつ!
ここは小さくてとがっているのがいいな!

安定させないとすいとん溢れちゃうからね!

濡れている石は燃やすと割れちゃうから気をつけて!

各班で作戦会議を行い一生懸命組み立てられるかまど。
おそくなるとすいとん作って食べる時間がなくなっちゃうよ!
なんて煽られながら。

子どもたちをよそに
地元の方はちゃちゃっとかまどを組み立てて
かまどでインスタントラーメンを豪快に作っていました。
ある意味テンション上がりました。こちらがそのものです。


子どもたちが僕の班のすいとんがおいしいよ!うちの班が一番だから!と
たくさん差し入れてくれるもので、
私はこのサッ〇ロ一番とすいとんとおにぎりとたくさん食べました。
おいしいし幸せですがお腹いっぱいで大変でした…

私が泊まった民宿は、本部という形で
校長先生、カメラマンさん、運転手さん、ガイドさん、添乗員さんが
宿泊のため子供たちはいません。

普段は子どもたちの近くで過ごすことが多いのでこれがまた新鮮なのです。

ちなみに子どもたちはクラス別に担任の先生と民宿に泊まるといった形です。

なので何かあった際には民宿まで
歩きもしくは車で送ってもらい看に行くこととなります。

とある夜、巡回に行ったら子どもがクワガタ捕まえたよ!

〇〇ちゃんの服についてた!
とにこにこ笑顔で見せにきてくれました。

すごい!こんな大きくて強そうなのいくらなんだろうね!』

と男の子がなるほど、
普段は昆虫は買うものであるという認識に気づかされます。

カブトムシクワガタ好きなのでちょっと拝借し、ぱしゃり。

これはミヤマクワガタかな?

このあと引き離す時に力強い足の爪で引っ掻かれ負傷しました、
普通に血が滲みました、恐るべし

夜には静けさの中にカエルの声がそれはもうひたすらに、
よく見るとうじゃうじゃいました。
一匹だとかわいいのですが

食事は民宿のお母さん手作り、写真の通り通りボリューミーです。


味噌汁がおいしくて、ついついおかわりしました。
一人暮らしだとインスタント味噌汁にお世話になりっぱなしですからね。

大根もアスパラも採れたてのものを頂いて幸せでした。

と、いうのも
子どもたちは大根を畑から引き抜いて
それをお土産に持って帰ることができるというイベントがありました!

畑におそるおそる踏み入れる子、

大根のどこを持てばいいのか、なかなか大根に触れられない子、

葉っぱや泥に不慣れな子たちにとって貴重な体験です。

抜いた大根はそのまま新聞紙に包みお持ち帰り。
お家について洗って食べるまでが勉強だよ~なんて!

私は持ち帰ることはできないので、
民宿の方のご厚意で夕飯に出していただきました、ありがとうございました。

アスパラ、大好きなんですけど買うと高いんですよね…
茹でてシンプルに塩だけつけてひたすら食べます…

待機中や自由な時間は民宿や村の方たちとおしゃべりを楽しみ、
なんとも長閑な時間を過ごさせていただきました。

看護師さんはどこから来たの?

ここは自然しかないけど、いいとこだよ。

子どもたちが来てくれることは嬉しいよ、
生き甲斐、元気になるね。

最近腰と膝が痛くって。80にもなればしょうがないよね。

まだまだじいさんには負けてられないよ!

飴ちゃん食べる?

味噌汁おかわりするかい?

大根送ろうか?

また、遊びに来てね。プライベートでもいいんだよ。

民宿にいたわんちゃんも一緒に待機、お話相手になってくれました。


この後、多くの子供達に揉みくちゃにされてました。
ふふふ、お勤めご苦労様です。

仕事だということを忘れてしまうようなそんなほのぼのとした空間。
ぜひまた行きたい場所の一つです。

以上です、ここまで読んでいただきありがとうございました。ねい子

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です