看護師+αな記事

【体験談】急性扁桃炎 点滴通院をした治療費用はおいくら?

急性扁桃炎とは?
治療費はいくらかかるの?
選定療養費とは?

今回は私の「急性扁桃炎」の体験談です。
特にみんな気になるお金の話!!!!!

はじまりの症状から
病院を受診し治療を選択する流れ
それぞれかかったリアルな費用について
時系列に沿ってまとめてみました。

はじまり

9月某日 生理の時は体調を崩しやすい私は
その日も生理中だからこんなものか〜と
怠さを感じながらも変わらない日を過ごしていました。

しかし、その日は仕事中から
強い倦怠感のどの違和感を感じ

帰り道にはしっかりとした寒気を感じ…

帰宅して、熱を測ると「38.5℃
思ったより高くてびっくりしましたが
薬を飲んで寝れば治るだろうと
お風呂に入って早めに布団に入りました…

尋常じゃない寒気
身の置き所のない倦怠感がして
2時間おきに覚醒してしまう状態。

嫌な予感がしたのでひとまず母にLINE
「38.9℃あって明日もしかしたら頼るかも…」

そして翌朝…

朝起きたら、唾液を飲むのも辛いのどの痛みがあり
体温も下がることなくしっかり上昇していました。

母へ「前入院した扁桃炎の症状に似ているのと、
1人じゃ動けそうにないから
総合病院に連れて行って欲しい…」とお願いしました。

『Day1 総合病院に受診』

症状が軽かったらかかりつけの内科か
耳鼻咽喉科に受診しようと思ったのですが

・症状が重いため専門家が良さそう

・しかし、かかりつけの耳鼻咽喉科は休診日

・現時点で水分と食事摂取が困難

上記のため点滴または入院までできる
病院への受診を考えたところ
直接総合病院という選択肢になりました。

まずは総合病院に電話をして事情を話すと
12時までに来てくれれば
診察でるとのこのだったので

母に連絡し車で連れて行ってもらうことにしました。

①内科外来(発熱外来)

電話の際に発熱など風邪症状がある人は
専用のエリアで待機と診察を受けてもらう必要がある
とのことだったので専用エリアでの診察になりました。

  初診料 2880円
医学管理料 3000円  (院内トリアージ実施料)
  検査料 450円  (鼻腔・咽頭ぬぐい液採取/検査)

喉も腫れているし おそらく扁桃炎だろうとのことだが

高熱が2日間続いている

・総合病院で検査体制がある

・自分も希望(検査に同意)する

上記のことから
一応新型コロナウイルス感染症を疑い
抗原検査をやっておきましょうとのことで
専用エリア内にてそのまま抗原検査を実施。

ちなみに抗原検査の費用は、

抗原検査 600点(6000円)
検査判断料 144点(1440円)

これは公費負担になるので支払いはありませんでした。

結果は30分で出ました、陰性(-)でした。

≪ ①内科外来(発熱外来)での支払い費用 ≫

上記の3割負担額 1900円
選定療養費 5500円 合計 7400円

選定療養費とは

今回の記事のメインである
「費用」についてここがポイントです。
上記の内科外来(発熱外来)での
支払い費用に含まれています。

選定療養費」とは?

医療機関の役割分担・業務連携の推進や
病院勤務医の負担軽減を目的として
厚生労働省が定めた
保険外併用療養費制度の「選定療養」の1つ。

2016年4月の健康保険法改正により
200床以上の地域医療支援病院は
他の診療機関等からの紹介状を持たない
初診の方から選定療養費として
診療費の他に5,000円以上の金額を
徴収することが義務化
されました。

つまり、今回の私の事例だと
かかりつけに受診せずに総合病院(200床以上)に
いきなり受診してしまったためかかる費用になります。

ねい子
ねい子
大きい病院は紹介状がないとお金たくさん取られるよ~のそれです。

選定療養費制度については知っていて
受診先(総合病院)で請求されることは
わかっていましたがかかりつけは休診日だし、
近医
に受診したところで
総合病院に紹介されるのはわかっていたので
こうするしかなかったかなと…!

②耳鼻科外来

内科外来(発熱外来)から紹介されて
次は耳鼻科外来での診察になりました。

選定療養費は支払うことになりましたが
総合病院なので
同じ建物内で他科の診察をスムーズに
受けることができたのはよかったです。

こちらでしっかり咽頭内視鏡を受けて
改めて「急性扁桃炎」との診断となりました。

医学管理料 2500円 (診療情報提供料)
  検査料 6040円 (咽頭ファイバースコピー) 
  処置料 140円

ここで、2日間の高熱と喉の腫れにより
水分と食事摂取が困難だったため
補液と抗生剤の点滴をすることになりました。

注射料 2350円
投薬料 680円

入院も勧められたのですが

この程度で貴重な病床を
埋めるわけにはいかない…!
(建前)」と

他の手段はないか相談したところ

・提携先のクリニックに紹介し点滴通院

・水分・食事摂取ができなければすぐに入院

・症状の改善がないまたは悪化なら入院

という約束の元、
紹介状を頂き帰宅の許可を頂きました。

&1日付き添ってくれた母に感謝( ; ; )

≪ ②耳鼻科外来での支払い費用 ≫

上記の3割負担額 3510円
     + 
薬代(薬局) 1420円  合計4930円

『Day2 点滴通院①』

総合病院受診の翌日、
幸い熱は37℃代まで下がりましたが
倦怠感が強く歩くのにもふらつきがあったので
また母にお世話になることに…

点滴通院①

紹介されたクリニックに着いて
受付で紹介状を渡すとすぐに先生がやってきて

「昨日連絡があった子だよね!大丈夫?」と
すぐ顔を見に来てくれました。ありがたい…

昨日と比べたら楽になって、
水分摂取と形態を選んだらご飯も食べれていますと
しっかりアピールしました。

初診料 診察/検査/採血/点滴/吸入/処方

初診料 2880円
医学管理料 0円
検査料 6090円
  処置料 410円
注射料 1200円
  投薬料 680円

クリニックは初診のため一通りの検査と昨日の今日なので
改めて咽頭の具合を診てもらいました。

また、総合病院受診時にはやらなかった採血も実施。

水分摂取ができているので補液はなし、
抗生剤の点滴を30分ほど行いました。

≪ 点滴通院①での支払い費用 ≫

上記の3割負担額 3380円
     + 
薬代(薬局) 800円  合計4180円

『Day3 点滴通院②』

倦怠感は多少ありましたが
日中の発熱はなく過ごすことができるようになったため
今回から1人で通院できるようになりました。

点滴通院②

2回目からはWEBで予約して、
番号が近くなったらクリニックにいくシステムでした。

熱はなくのどの痛みも軽減してきたので
入院しなくて良かった~なんて思っていたら

受付するや否や先生がきて
「大丈夫!?悪くなってない!?」と

なんと採血データが悪かったみたいで
再度入院をすすめようかと思って
待っていたとのことでした。

診察/点滴/吸入/処方

幸い採血データに反して
元気そうなのと状態は良かったので

ひとまず抗生剤の点滴を続けて
様子をみましょうということになりました。

この日も抗生剤の点滴を30分ほど行いました。

≪ 点滴通院②での支払い費用 ≫

   3割負担額 950円
     + 
薬代(薬局) 490円  合計1440円

そして点滴3日目のこの日が土曜日で
翌日日曜日がクリニックの休診日であったこともあり
明日から抗生剤は内服に切り替え
次回は薬がなくなる頃再診と指示を受けました。

『Day6 点滴通院③』

もう発熱はありませんが高熱が出たことや
安静にしていた影響で体力低下が著しかったです…
水分摂取をしっかりこころがけて過ごしていました。

点滴通院③

ちなみに「採血データが悪かった」話ですが
具体的に言うと炎症反応を示すCRPという値が…

CRP 15.73 (基準値0.30以下)

と、まさかの2ケタ

病棟ではたらく看護師さんなら
この値がどんな時にでるかイメージしやすいのでは…?

先生も笑いながら
水分摂取ができないかつこの値なら入院適応」と。

(扁桃炎なら自力水分摂取状況とCRP10.0が判断基準だそうです。)

抗生剤が上手に作用してくれたのか
私の回復力が凄まじかったのか

なにはともあれ良くなって本当に良かったです。

診察/吸入/処方

抗生剤は内服に切り替えていたのでもう点滴はなし。
扁桃の腫れも改善傾向だと診察頂きました。

しかし前述の通り採血データが悪かったので
抗生剤の追加処方がありましたが
症状が再燃しなければ終診でよいとご判断いただけました。

(再発を繰り返すようなら扁桃腺摘出術を検討)

≪ 点滴通院③での支払い費用 ≫

3割負担額 570円
     + 
薬代(薬局) 720円  合計1290円

薬剤服用歴管理指導料

今回の「費用」に関する2つ目のポイント

お薬手帳を持っていけば薬代が安くなる
なんてお話聞いたことありませんか?

それがこの薬剤服用歴管理指導料です。

お薬手帳なし 57点 (570円)
お薬手帳あり 43点 (430円)
ただし原則3ヶ月以内に
同じ薬局に再度処方せんを持参しお薬手帳を持参した場合

この記事を書くにあたり明細表をみていたところ
初診時と再診時(お薬手帳持参時)では

この加算がしっかり異なっていました。

薬の飲み合わせはもちろん
点数(金額)が変わってくるので
処方を受ける際には
お薬手帳持っていきましょう!大事!!

費用まとめ

さて、時系列に費用やポイントを並べてきましたが
最後に初診から終診まで合計いくらかかったのでしょうか?

《総合病院》
①内科発熱外来
7400円 (診察/選定療養費/抗原検査/点滴)
②耳鼻科外来
4930円 (診察/検査/点滴/処方)

《点滴通院》
① 4180円 (診察/検査/採血/点滴/吸入/処方)
② 1440円 (診察/点滴/吸入/処方)
③ 1290円 (診察/吸入/処方)   

合計 19240円

これが高いか安いかと言われると…
なんとも言えないのですが
もちろん体調に気を付けるのが一番なのですが…

参考までに
3年前に同じように急性扁桃炎で
2泊3日の入院をした時には
入院費だけで53210円でした。
(入院前後の受診の費用は不明です。)

その他今回かかった費用

水分(ポカリやOS1)食事(軟飯や果物など)など
普段は購入しない追加の飲食事代

母が車を出してくれたので助かりましたが本来ならば
交通費(タクシー代数千円)などが挙げられます。

特に保険がおりるわけでもないですし、
仕事を休んでしまった損失や各方面への迷惑を考えると
いずれにせよ痛い出費でした…

Special Thanks 母

さいごに

・セブンイレブンのお手軽カットフルーツシリーズ
皮むきりんごとパイナップルは重宝しました。

・左の鼻の穴から抗原検査(咽頭ぬぐい)
・右の鼻の穴から咽頭内視鏡のコンボは
できれば二度としたくないです。

・咽頭の検査と漢方薬はやだやだやだ!!!!!

以上「転んでもただでは起きぬ
急性扁桃炎体験談の記事でした。

ねい子
ねい子
お読み頂きありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です